名古屋芸術大学 音楽学部
 
サウンドメディア・コンポジションコース Top
講義内容
プロジェクト
スタジオ
教員紹介
 



 
 

名古屋芸術大学学生オーケストラ with
名古屋芸術大学フィルハーモニー管弦楽団
特別演奏会
 ライブストリーミング


 

名古屋芸術大学学生オーケストラ with 名古屋芸術大学フィルハーモニー管弦楽団 特別演奏会 ライブストリーミング

2021年1月29日(金)、本学は、名古屋芸術大学学生オーケストラ with 名古屋芸術大学フィルハーモニー管弦楽団のを愛知県芸術劇場コンサートホールで開催いたします。 今回のコンサートは、感染予防対策をするために客席の数を減らし入場規制を行い実施いたします。その中で、音楽領域サウンドメディア・コンポジションコースで作曲・録音・音響を学ぶ学生が中心となり、本コンサートの模様をYouTubeでライブ配信いたします。今回は、本コース学生を中心に配信チームを編成し、3D・インイヤー・オーディオ(立体音響)によるバイノーラルステレオと通常ステレオのライブ配信を実施します。これまで培ってきたオーケストラの録音制作技術とともに、録音を学ぶ学生が様々な機器を組織し、音楽的なライブ配信を目指します。ぜひご覧ください。

2021年1月29日(木)18:15配信開始 18:30開演

名古屋芸術大学フィルハーモニー管弦楽団 指揮  : 高谷 光信 ピアノ : 瀧澤 俊

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
ブラームス/交響曲第1番 ハ短調 作品68

配信方法 YouTube Live 無料配信

技術協力: ドルビージャパン株式会社

コンサート案内 コンサート案内pdf

 

 

  ライブストリーミングページ
 

3D・インイヤー・オーディオ(立体音響)と通常ステレオの両方の音声でライブ配信を実施いたします。愛知県芸術劇場コンサートホールでライブ演奏される、オーケストラのサウンドを、DAW Pro Toolsでチャンネル・オブジェクトミックスを用いて、イマーシブサラウンドを完成させ、Dolby Atmos® Rendererのヘッドホンモニター用バイノーラル音声(ステレオ)と通常ステレオのミックスを、ライブスイッチングした映像とともにYouTubeでライブ配信します。360度の空間に配置された楽器の音と、愛知県芸術劇場コンサートホールの響きとともに皆さんにお伝えします。尚、3D・インイヤー・オーディオ(立体音響)の音源はヘッドホンを用いてお聴きください。

Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、およびダブルD記号は、 アメリカ合衆国と/またはその他の国におけるドルビーラボラトリーズの商標または登録商標です。

  通常ステレオ音声 3D・インイヤー・オーディオ(立体音響)
 
  演奏者プロフィール

 

名古屋芸術大学フィルハーモニー管弦楽団
「名古屋芸術大学フィルハーモニー管弦楽団」は、名古屋芸術大学がバックアップするオーケストラで、令和元年に誕生しました。このオーケストラは練習及び運営拠点を名古屋芸術大学に置き、1983年から2018年まで「名古屋芸術大学オーケストラ」として毎年開催してきた定期演奏会や著名ソリストとの共演、オーストラリア、韓国、アメリカ等への海外演奏旅行などを通して積み重ねてきた経験を結実させ、地域の芸術文化基盤を支えるために、中部圏下5つ目のプロフェッショナルオーケストラを目指します。

 

指揮 高谷 光信
ウクライナ国立チャイコフスキー記念音楽院指揮科首席卒業。国家演奏資格ディプロマを取得。指揮を故小松一彦、故伊吹新一、田中良和、藏野雅彦、辻井清幸、V.プラソロフ、故E.ドゥーシェンコ、N.スーカッチに師事。2003年ウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に登壇しプロデビューを果たす。首席客演指揮者(2003〜2006)第2指揮者(2006〜2012)常任指揮者(2012〜)に就任。『ウクライナ国際ホロヴィッツピアノアカデミー』『ウクライナ国際シヴィール音楽祭』『ウクライナ国際音楽祭・キエフ夏の音楽の夕べ』『ウクライナ国際バルトケーヴィッチ音楽祭』に出演。2010年より『ウクライナ国際指揮マスタークラス』の講師・審査員を務める。現在までに東京混声合唱団、ウクライナ国立ドゥムカ合唱団、ウクライナチェルニーゴフ州立室内合唱団、大阪交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、兵庫芸術センター管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、テレマン室内オーケストラ、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、東京室内オーケストラ、愛知室内オーケストラ、神戸市室内合奏団などを指揮。《題名のない音楽会》(Osaka Shion Wind Orchestra2014年11月23日放送)に出演。2018年10月フジコ・ヘミングと共演。大阪芸術大学演奏学科 客員准教授。名古屋芸術大学大学院音楽研究科・芸術学部音楽領域、武庫川女子大学音楽学部、京都市立芸術大学音楽学部音楽教育研究会、各講師。 第16回京都芸術祭京都市長賞受賞。2012年7月ウクライナチェルニーゴフ州文化功労賞受賞。 東京混声合唱団においては2008年の初登壇より約100回の共演の数える。 2019年2月9日大阪いずみホールにおいて「いずみ定期演奏会Vol.23」を客演。同年4月、東京混声合唱団指揮者に就任。

 

ピアノ 瀧澤 俊
上野学園高校音楽科演奏家コース卒業、名古屋芸術大学在学中。
4歳から電子オルガン、9歳からピアノ、16歳から作曲を始める。過去に第19回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA高校生部門アジア大会銀賞、第72回全日本学生音楽コンクールピアノ部門高校の部東京大会本選入賞。名古屋芸術大学フィルハーモニー管弦楽団とは昨年リストのピアノ協奏曲第1番を共演、好演を博す。
これまでにピアノを横山幸雄、田部京子、植田克己、島田彩乃、川田健太郎、今野尚美の各氏に、作曲を西尾洋氏に師事。
  ライブストリーミング 配信チーム

 

プロデューサー : 中島琢人 (本コース2年)

ビデオディレクター : 碓井陽香(音楽総合コース2年)

バランスエンジニア : 伊東桜佳 (音楽総合コース2年)
バランスエンジニア : 長谷川伊吹(音楽総合コース2年)
バランスエンジニア : 澤田智季 (本コース2年)
バランスエンジニア : 宮内快(音楽総合コース2年)

テクニカルディレクター : 武石智仁 (音楽総合コース2年)

カメラ : 若菜未沙 (音楽総合コース1年)
    伊東桜佳 (音楽総合コース2年)
    長谷川伊吹(音楽総合コース2年)
    澤田智季 (本コース2年)
    宮内快(音楽総合コース2年)


 

これまでに本コースが行なったプロジェクトのアーカイブ

2020年12月17日 名古屋芸術大学フィルハーモニー管弦楽団 第6回定期演奏会 ライブストリーミング

2020年11月7日   本学の教員・卒業生で構成された作曲家グループによる作品演奏会『Inexplicable owl vol.7』ライブストリーミング

2020年10月24日 名古屋芸術大学ウィンドオーケストラ セッションレコーディング

2020年10月22日 名古屋芸術大学フィルハーモニー管弦楽団 第5回定期演奏会 ライブストリーミング

2020年10月14日 名古屋芸術大学 × Cool-Xコラボ企画「My Friend feat. SEAMO」のレコーディング

2020年10月12日 本コース学生とデザイン領域メディアデザインコースで映像制作を学ぶ学生との作品共同制作「1Min Project 2020」

2020年09月15日 名古屋芸術大学 × 名古屋高速道路公社 コラボ企画 名古屋高速道路公社イメージソング制作

 

エンタメ アートマネジメント 名古屋芸術大学 エンターテインメントディレクション&アートマネジメントコ
 Copyright 2020 Nagoya University of Arts. All Rights Reserved.    
ース