サウンドメディア・コンポジションコース Top
講義内容
ニュース・イベント
スタジオ
教員紹介



 
 

名古屋芸術大学ウィンドオーケストラ

セッションレコーディング 2020


 
2020年10月24日(土)・25日(日)、名古屋芸術大学ウィンドオーケストラは、本学3号館ホールでセッションレコーディングを行います。収録は、サウンドメディア・コンポジションコースの学生が担当し、これまで培ってきた吹奏楽の録音制作技術を基に、音楽的な作品となるように制作していきます。完成した音源はCDや各種ストリーミングやダウンロードサイトで配信する予定です。このページではこの制作についてのビハインドをお伝えしていきます。ご期待ください。


名古屋芸術大学ウィンドオーケストラ
  セッションレコーディング

 2020年10月24日(土) 25日(日)

 名古屋芸術大学ウィンドオーケストラ
 指揮 : 鈴木英史 遠藤宏幸


収録予定曲

ヤン・ヴァン=デル=ロースト:アルセナール
フィリップ・スパーク:メリーゴーラウンド
フィリップ・スパーク:陽はまた昇る
アルフレット・リード:アーデンの森のロザリンド
兼田敏:日本民謡組曲「わらべ唄」
鈴木英史:レジェンドワン
クリフトン・ウイリアムス:シンフォニアンズ
真島俊夫:五月の風
ジェームズ・バーンズ:アルヴァマー序曲
ヴィンセント・パーシケッティ:ああ涼しい谷間

レコーディング公開
吹奏楽指導者のみなさまと本学への入学を検討されている方を対象に、両日とも10:00-18:00まで1日に20名を上限にセッションレコーディングの模様を、ホール客席や、コントロールームで見学いただくことができます。参加いただく場合はフォームより10月22日(木)までにお申し込みください。定員まで達した場合はお断りさせていただくこととなります。尚、あらかじめ、十分な説明が出来かねることをあらかじめご理解ください。また、新型コロナウイルス感染症に関わる突発的な事由によりレコーディングの公開が中止になる場合もございますので、ご了承ください。
お問い合わせ先 名古屋芸術大学 演奏課 ensoka@nua.ac.jp


  演奏者プロフィール

 

名古屋芸術大学ウィンドオーケストラ
名古屋芸術大学音楽学部創立以来、授業として行われていた管楽合奏をより充実させるため、1982年より定期演奏会を毎年開催。2002年からは、本学名誉教授であるベルギー出身の作曲家ヤン・ヴァン デル ロースト氏も定期演奏会でステージを持っている。公的諸行事にも積極的に参加し、音楽による地域貢献に尽力している。これまでに北海道・大津・岡山・広島をはじめとする国内はもとより、オーストラリア、韓国、アメリカなど海外での演奏も行なっており、2002年5月にはベルギーを訪れ、ヨーロッパ青少年音楽祭に参加し、特賞を受賞。国内では、愛・地球博記念演奏会や、日本バンドクリニックにゲスト出演した。近年はCD録音も行い、オランダのデ・ハスケ社からは「バベルの塔 Tower of Babel」、「アインシュタイン EINSTEIN」などがリリースされている。今年度より新たにプロの演奏家を加えた活動が始動し、さらなる演奏技術の向上を図っている。

 

指揮 : 特別客員教授 鈴木英史
1965年東京都生まれ。東京藝術大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。安宅賞、第11回日本管打・吹奏楽アカデミー賞(作編曲部門)受賞、外務省在外公館長表彰授与。 国民体育大会(石川、山形)ねんりんぴっく(石川)式典音楽、国民文化祭創作音楽(鳥取、秋田)等を担当。 シカゴミッドウエストクリニック、WASBE、日スリランカ国交60周年記念事業委嘱、台湾国際音楽祭課題曲委嘱など、海外でも高い評価を受ける。作編曲活動を中心に、指揮、CD企画、講習、審査、音楽誌への執筆など幅広く活躍。日本音楽著作権協会正会員、尚美ミュージックカレッジ専門学校特別講師。主な作品:ライフ・ヴァリエーションズ、カントゥス・ソナーレ、鳳凰−仁愛鳥譜、大いなる約束の大地〜チンギスハーン、信長−ルネサンスの光芒、多数の編曲(喜歌劇セレクション、ニュー・サウンズ・イン・ブラス)等。作品集CD:「チャルダッシュ・カントゥス」「サーカスの女王・セルゲイモンタージュ」「光の祭典/チンギス・ハーン」(ブレーンミュージック)。

 

指揮 : 遠藤宏幸
岐阜県岐阜市出身。東京コンセルヴァトアール尚美を首席で卒業、同校卒業演奏会に出演。同校ディプロマコースを修了。サクソフォーンを石渡悠史、岩本伸一、雲井雅人の各氏に師事、室内楽を、服部吉之、服部真理子の両氏に師事、指揮法を橋本久喜氏に師事する。2001年岐阜メルサホール、2003年、2004年、2014年名古屋ザ・コンサートホールに於いてソロリサイタルを開催、いずれも好評を得る。2014年参加するアリオン・サクソフォン・カルテットとしてファーストアルバム「Arion’s Harp(FLCP-210027)」をリリース。サクソフォーン奏者として活動をしている傍ら、吹奏楽指導者としても多くのアマチュアバンドを指導している。短期大学准教授を経て、現在、アリオン・サクソフォン・カルテット、トリオ・ウィステリア、ウインドアンサンブルGAJA(ガヤ)各メンバー、ユニータ・デラ・サックス代表、ルロウブラスオルケスター(小牧市)常任指揮者、Rise Music代表。 名古屋芸術大学准教授。

  レコーディングチーム

 

サウンドエンジニア

中島琢人 (サウンドメディア・コンポジションコース2年) リーダー
小栗優人 (音楽総合コース2年)
小芦悠路 (音楽総合コース2年)
澤田智季 (サウンドメディア・コンポジションコース2年)
武石智仁 (音楽総合コース2年)
長谷川伊吹 (音楽総合コース2年)
長谷川采奈 (音楽総合コース2年)
林 直人 (ウインドアカデミーコース2年)
武藤夢歩 (サウンドメディア・コンポジションコース1年)
山本紫月 (音楽総合コース1年)
鶴森ゆうな (音楽総合コース1年)
若菜未沙 (音楽総合コース1年)

教員 : 長江和哉
  Garally
 
 
           
 Copyright 2020 Nagoya University of Arts. All Rights Reserved.