サウンドメディア・コンポジションコース Top
講義内容
ニュース・イベント
スタジオ
教員紹介


音楽芸術基礎研究(現代音楽とテクノロジー)
20世紀以降の音楽は、テクノロジーの進歩に多大な影響を受けている。特に音楽の表現手段や創作の発想に対して、それ以前の時代とは顕著な違いが見られる。本授業では、それらの歴史について学び、変遷と関わり合いについて論じる。これらに関心を寄せて、新しい芸術的な音楽を創造するために、独創的なアイデアを生み出せるようにすることが目的である。最終的には学生が興味をもった分野について、今後のそれらの関わりについてプレゼンテーションを行う。

サウンドメディア基礎演習
音楽を制作していく上で必要な音楽理論として、コード進行を学ぶ。また、楽曲を構成する旋律・ハーモニー・リズム等のあり方をクラシック、ポピュラー、民族音楽など幅広いジャンルの音楽を分析し、研究する。後期では特に、コンピュータで音楽を制作していく技術、主にMIDI制作の基礎を学習し、多彩な音色による音楽表現を学ぶ。生楽器とデジタル音源との比較や、シミュレーションとしてのMIDI制作という概念で楽曲を作り上げていく技術を身につける。

サウンドメディア応用演習T
サウンドメディア基礎演習で学んだ内容を基礎に、様々なジャンルのアンサンブルやオーケストラ作品の分析を細かく行い、これらの要素を含んだ楽曲の制作を行う。できるだけ多様なスタイルを身につけるために、楽曲制作としては、創作だけでなく、編曲や既成楽曲のコピーも必要に応じて取り入れていく。その際、楽譜という視覚媒体によって、耳だけの判断では気がつかない、不自然な音楽の流れやフレーズ感を是正することの重要性も合わせて指導していく。

サウンドメディア応用演習U
前期では、様々な創作技法、主に20世紀以降の様々な音楽語法である、音列音楽、音群的音楽、偶発性の音楽、ミニマルミュージック、ミュージック・コンクレートなどの手法の研究と理論的な解説を時に映像を交える講義形式で進めるとともに、数多くのフラグメンテーション(断片)の創作を試みる。また、Maxに関する基礎知識を身につけ、基本的なパッチを制作し、具体的な活用事例を参考に、模倣、発想の置き換えなどを試み、音楽作品での生かし方を研究する。さらに、その後、Maxやプロセッシングについて深く学び、生演奏やカメラを活用した使い方を身につけ、同時に立体音響での作品の再生方法も学ぶ。

サウンドメディアプロジェクト
映像と音楽の関連性について、をテーマに、映像が音楽に与える影響を考察し、音楽をビジュアライズする手法を、Processingというプログラミングソフトを用いて、実践的な方法論について解説する。同時に、音楽とインスタレーションをテーマに、音の展示ともいえるこの複合的な芸術作品について、様々な手法を作品例の解説を交えて紹介する。最終的にはインタラクティブなプログラミングソフトを用いて、学内外で企画するプロジェクトでの発表を前提に、実験的な作品の制作を行う。

コンポジションT・U
3年次のTでは、作曲の基礎的である形式、実践的な和音の使用法などを学習し、同時に特に古典派時代の音楽からロマン派の音楽の分析を通じて時代的な作曲技法を専門的に学ぶ。その後、印象以後の調性音楽からの無調音楽までの流れや作曲技法の特徴を研究し、小編成のアコースティック室内楽作品の作曲を行う。4年次のUでは、エレクトロニクス技術を作品作りにどのように応用していくかについて研究する。その前提として、音楽を構成する『音』についての認識を原点に戻り深め電子音楽と従来の楽器とのアンサンブル作品を作りこれらの形態の音楽の必然性を理解できるようにする。その後、本科目を学んだ集大成として、作品等を創作し公開演奏会で発表する。

音楽制作基礎演習
コードプログレッション、楽曲の構成、アレンジの手法について、実作例での分析や創作によって、これらの知識を修得する。まず、既存の作品に数多く見られる代表的なコード進行のパターンを探し出し、その響きを確かめるとともに、それに自分の旋律を創作しながら、楽曲構成、アレンジについての分析と習作を実施する。コード進行については、テンションノートを理解すると、ジャズや印象派の音楽に見られる特徴的な響きを得ることができるので、幅広い音楽表現が可能になる。また、コードプログレッションと和声学との違いも理解しておく必要がある。またコードのみではなく、ポピュラー音楽に欠かせないリズム(4、8、16ビートやラテン、民族音楽)についても理解し表現の幅を広げられるようにする。

音楽制作実習T・U
3年次のTでは、音楽制作の知識、手法をより深く追求し「芸術的な作品」をテーマに創作する。まず、作品の構想、設計を十分にするために、楽曲のスケッチからアウトラインを制作する。その後、オーケストレーションを施し、DAWなどでシミュレーションをする。また、立体音響を想定した音の配置を組み立てたりするなど、様々な手法を駆使して作品を創作する。 4年次のUでは、今まで学んだ知識、手法を十分に活用して、卒業後、社会に出て音楽活動に携わった場合に、十分に通用するクオリティーの高い作品の制作を目指す。実際の制作では、音楽の表現スタイルを決めてモチーフを選定し、そして楽器編成やMaxとの連携、映像との関係などを想定しながら作曲していく。その際、立体音響やインタラクティブな映像効果を組み合わせ総合的な芸術作品を構築するなど、様々な手法を駆使して作品を創作し発表する。

オーケストレーション演習
オーケストラの基本的な形態を学び、使用される様々な楽器の特性、機能、演奏法、組み合わせ方などを、音楽作品のスコア分析や音源の視聴により学ぶ。前期では、各楽器を個別に取り上げ、実作例を通してその特性を把握する。次に弦楽合奏で書かれた部分に注目して、その書き方を研究する。その後、旋律、ハーモニー、伴奏形、対位旋律などの役割を読み取って、ピアノ譜に書き改めるリダクションを行う。後期では、金管楽器について、リダクションを実施して、その組み立て方を学ぶ。さらにこれらの楽器の組み合わせについても同様に学ぶ。実作例として参考にする作曲家は古典派以降、近・現代に及ぶ。このように多様なオーケストレーションを学んだ後、平易なピアノ曲を弦楽合奏や室内アンサンブル、最終的には2管編成のオーケストラに編作する課題に取り組み、研究を深める。

卒業研究(音楽)卒業制作
専門的に学んだ4年間の集大成として、また、社会にはばたく心構えをそなえるべく、知識と客観性を持った音楽芸術の成果を示すよう各専門での課題に取り組む。「音楽制作」・「録音作品制作」・「音響空間作品制作」の3つの中から部門を選択し作品を制作する。音楽のジャンルは限定しないが、「音楽的、あるいは芸術的にすぐれた作品」をテーマに現代的な表現手法を用いながら創作をおこなう。本コースでの最後の1年間という期間を充実させ、芸術の本質を見極め、質の高い作品を完成させ、社会に貢献できるアーティストとしての研究の土台を作る。学年末の提出後にはプレゼンテーションの機会を設け本授業の完成とする。


録音音響デザイン研究
音楽を録音・音響し様々な人に伝えるということがどのようなことかについて理解し、技術的な側面のみではなく、どのような音が人の心に響くかについて考察しながら芸術的なサウンドデザインについてを研究する。録音分野では、これまでの音楽作品を分析しながら、基礎的な技術である、マイクの種類や特性、ステレオマイク配置について学びながら実際の録音をおこなっていく。音響分野では電気音響を使用して音楽を観衆に伝えることについて、まず、アコースティック楽器がホールで演奏を行うという音の伝わり方を理解しながら、マイクやスピーカーの原理や仕組みについて理解しミキサーの構造や役割について学ぶ。最終的に各音楽ジャンルごとに必要となる音響技術について知識を深める。現在行われているPA(パブリックアドレス)とSR(サウンド・リンフォースメント)がどのようなものかについて考えていく。

録音音響デザイン実習T
サウンドデザインに必要な基礎的な技術を応用しながら、実際に録音や音響を行う。録音分野では、過去の優れた録音作品を分析しながら、音楽的に魅力的な音となるためにはどのような技術アプローチを取るべきかについて、録音を行いながら研究していき、それぞれの音楽の美学を考慮した音の表現を行うことができるように研究していく。音響分野では実際に数回のコンサート音響実習を行いながら音響技術者として必要となる基本的なスキル、操作テクニックを身につける。また、舞台機構調整 音響機構調整作業3級の資格取得についても取り組み、コンサート音響デザインについて実習を行いながら専門知識を深めていく。

録音音響デザイン実習U
サウンドデザインに必要な基礎的な技術をさらに応用しながら、それぞれの音楽の美学を考慮した音の表現を研究していく。録音分野では、ジャズのピアノトリオ、クラシックアンサンブルの録音・制作について、その楽曲の背景や求められるサウンドを理解しながら録音を行い仕上げていくことができるように知識を深める。前期、音響分野では、ジャンルの異なる音楽を理解しその楽曲の背景や求められるサウンドを理解しながらコンサート音響システムをプランニングしながら行うことができるように、知識を深めていく。後期、録音分野では、映像におけるサウンドデザインについて研究する。これまでの映画・テレビなどの映像における「音」の要素を分析し、そのサウンドデザイン=音響効果、MAの方法について考察し、実際に作品を制作していく。音響分野では、コンサート音響について、ポップロック、ジャズのみではなく、現代音楽やアートイベントで用いられる音響デザインについてそのプランニングとテクニックについて実習を通じて修得する。

録音音響デザイン実習V
サウンドデザインに必要な基礎的な技術を発展させながら、それぞれの音楽の美学を考慮した音の表現を行うことについて研究していく。前期、録音分野では、今までに学んだ技術や制作方法についての知識を生かし、さらに、2chの作品だけでなく、マルチチャンネルの作品制作についても深く学んでいく。音響分野ではこれまでに学んだコンサート音響技術と音楽表現についての知識と経験を生かし、自ら音響コラージュ、電子音楽、音響インスタレーションなどの音響作品を制作しながら知識を深めていく。また、後期は、卒業制作の制作を行う。現代の音楽制作は、作曲と録音や音響がクロスオーバーしこれらのスキルが必要とされているが、本授業ではこれまでに学んだそれらのスキルを生かしながら、作品を制作していき、卒業後もそれぞれの個性を生かし伸ばしながら息の長い録音・音響表現者としてのありようについて学んで行く。

マルチメディアコンテンツ
現代の音楽制作において重要なツールである Digital Audio Workstation。これらはあくまでも道具であるが、前期は、音楽制作ソフトの基本的な操作を身につけ、自分自身の今後の音楽制作に生かしていけるようにするのが目標である。具体的には「Pro Tools」のMIDI音源とデジタルオーディオを使用した音楽制作の基礎を学び、作品を制作しながら知識を深めていく。また、オリジナリティがある音楽作品の制作をおこなうためには、オーディオサンプリングや、エディット、エフェクトなどの手法が必須となるが、後期は、これらの方法について学びながら実際に作品を制作する。また、次第にインタラクティブな音響や映像を生成・制御するMAXについても学びながら、マルチメディアを媒体とした様々な音楽表現の手法について理解し、最終的にはコンピュータを楽器や道具として扱うことができるように知識を深めていく。

マルチメディアアート(音と映像の融合)1
1990年以降の急速なテクノロジーの発達により、音楽と映像が一体となって表現をおこなうことはもはや当たり前となった。今後もこれまで以上に影響し合いながら、お互いの可能性を押し広げていく中、この授業では基本的な映像制作の流れを理解しながら、実際に音と映像が融合したコンテンツの制作をおこなう。映像制作の基礎を踏まえた上で、さまざまな映像表現、特殊効果などについて学ぶ。音楽制作者の立場ではあるが映像制作について学び、これらが結び付くと鑑賞者がどのような感覚を生むのかをテーマに、自らの糧となるように取り組んでいく。


マルチメディアアート(音と映像の融合)2
マルチメディアアート1で学んだ音楽と映像の関係についてさらに深く学ぶために、サウンドメディア・コンポジションコースとデザイン領域の学生と共同で作品を制作する取り組みを行う。音楽と映像が双方に与える影響を理解しながら、音と映像を有機的に結合したインスタレーションなど幅広いアート表現について学んでいき「音楽」や「映像」と呼んでいるものが、実際にはどのような性質のものなのかを考えることを目的とする。本授業はデザイン領域のデザイン実技Vと同時開講とし3年次前期におこなう。

エンターテインメントディレクション特殊研究 (音楽産業論)
本講義では、音楽産業の「歴史」と「今」を学ぶ。口伝から楽譜の時代を経て、大量複製技術であるレコードやマスメディアの登場により、音楽産業がどのように変化してきたかを理解することは、新しいサウンドを創作する本コース学生にとってとても大切なことである。音楽産業がこの100年で大きく変化したことにより、音楽は階級や地域の枠を飛び越え拡散され、音楽的な異種交配が盛んに行われ新しい文化が生まれているが、これらの音楽シーンと音楽産業との関わりについて、技術革新の視点も含めて学んでいく。

アートマネジメント概論 (音楽産業論)
本講義では、従来のテレビやラジオを中心としたマスメディアでのパブリックリレーションを中心とした音楽産業と、2000年以降のインターネットの発達以降の音楽産業について、その構造がどのように変化したかについて深く学ぶ。かつての音楽産業は、少数の種類の音楽を大量消費する時代であったが、現在は音楽の多様性が尊重される時代となったが、反面、手軽に聴くことができるようになっため、音楽産業はライブコンサートを聴く・観るといった原点に立ち返りつつある。これらを学びながら、これからの音楽産業がどのように変化していくかについて研究していく。

演奏実習T・U
本サウンドメディア・コンポジションコースではコンピューターや音響機器をツールとした、音楽作品の創作に取り組んでいるが、楽器の演奏技術を身につけそれを高めることは、音楽を深く理解するためにもっとも必要なことである。演奏技術について、器楽実習A・Bで習得したテクニックを基に、基礎の重要性を再確認しながらさらに高度なテクニックを身に付けていく。レッスンは学生個人の進度にあわせて行い、学生それぞれが持ち合わせた演奏技術の向上を目指すことを目標とする。また、音楽表現力を高めるために、アンサンブルによるレッスンも取り入れながら演奏する楽しさを知り、豊かな表現力を身につけることを目標とする。




 

エンタメ アートマネジメント 名古屋芸術大学 エンターテインメントディレクション&アートマネジメントコ
 Copyright 2017 Nagoya University of Arts. All Rights Reserved.  
ース