名古屋芸術大学 音楽学部
 
サウンドメディア・コンポジションコース Top
講義内容
ニュース・イベント
スタジオ
教員紹介

 

  The renaissance21「空」を行いました。 2010.03.24

0

2010年3月24日(水)18:00より、名古屋芸術大学音楽学部3号館音楽講堂ホールにて、
The renaissance21「空」を行いました。
たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

サウンド・メディアコース、作曲・理論コース、音楽総合コース学生が作曲した楽曲16曲が演奏されました。

第1部

01. 悲夢:中森 信福(サウンド・メディアコース2年)
02. 空知らぬ雨:加藤 智美(作曲・理論コース4年)
03. Gloria:平山 大次(研究生)
04. クーちゃん★レクイエム:平野 玲美(大学院2年)
05. raining:山本 光太郎(サウンド・メディアコース4年)
06. VOICE:飯田 侑子(サウンド・メディアコース4年)
07. その果てから:山王堂 ゆり亜(サウンド・メディアコース3年)
0

第2部

01. intutionISM:神取 涼子(音楽総合コース4年)
02. 空 〜天空の神話〜:野村 亮介(サウンド・メディアコース3年)
03. Magic hour:牧野 未帆(音楽総合コース4年)
04. 露:佐藤 美希(サウンド・メディアコース3年)
05. 蒼天:沢田 有佳里(サウンド・メディアコース3年)
06. Pipistrello di Rond:岩田 梨奈(サウンド・メディアコース4年)
07. 最後のワルツ:高木 麻衣(サウンド・メディアコース4年)
08. 夢幻泡影:戸松 由里恵(サウンド・メディアコース3年)
09. 蒼ソラ♭:薬師 航太(サウンド・メディアコース3年)


主 催 : 名古屋芸術大学音楽学部 音楽文化創造学科
指 揮 : 道端 大輝
管弦楽 : セントラル愛知交響楽団
企画運営: 音楽ビジネス・ステージマネジメントコース
演 出 : 音楽療法コース
作曲指導: 田中 範康(本学教員)、岩本 渡(本学教員)、小井 洋明(本学教員)、平井もと子(本学教員)
音響指導: 岡野 憲右(本学教員)、加藤 明(本学教員)
録音指導: 長江 和哉(本学教員)
演出指導: 伊藤 美由紀(本学教員)
技術補助: 吉川 敦(実技補助員)

合唱
音楽療法コース、サウンド・メディアコース

合唱指導: 杉浦 悠子


音響スタッフ
堀川 克磨(サウンド・メディアコース3年)、川村 和平(サウンド・メディアコース2年)、

水野 恵理(サウンド・メディアコース2年)

レコーディングスタッフ
島田 裕文(サウンド・メディアコース3年)、古川 未佳(サウンド・メディアコース2年)、

栗田 恵里(サウンド・メディアコース1年)

MAX/映像スタッフ
古田 文隆(サウンド・メディアコース4年)、山内 朝日香(音楽総合コース4年)、小池 修平(サウンド・メディアコース2年)、釣田 知里(サウンド・メディアコース2年)、鳥羽 宏美(サウンド・メディアコース2年)、
中村 明日香(サウンド・メディアコース2年)、太田 奈美(音楽総合コース2
年)、加藤 典子(サウンド・メディアコース1年)、新美 有紀(サウンド・メディアコース1年)、村田 恵里奈(サウンド・メディアコース1年)

  沢口真生 氏の特別講義を行いました。 2010.02.04


2010年2月4日(木) サラウンド制作の第一人者であり、サラウンド寺子屋塾主宰である、パイオニア株式会社 技術顧問 沢口真生さんを招き、
特別講義「サラウンド制作の実態と今後について」を行いました。

2chステレオくらべたサラウンドの優位性や、臨場感型、創造型、サウンドウォール型といったサラウンドの種類について、
実際の音源を聴きながら具体的に講義頂きました。

学生は、サラウンド作品を制作する際の様々なアプローチを知ることができ、充実した講義となりました。

  笹井裕子氏の特別講義を行いました。 2009.11.12


2009年11月12日(木) ぴあ総合研究所 取締役主任研究員 笹井裕子氏を招いて、「ライブエンタテイメントの現状と今後の展望」と題した特別講義を行いました。
現在の各種エンタテイメントの状態と今後どのようなことがおこるか、また、どのようなことが期待されるかを中心に講義頂きました。
学生が今後の音楽産業について考えるよい機会になったと思います。

  オーケストラのライブレコーディングを行いました。 2009.10.20


サウンド・メディアコース2年生の授業であるレコーディング・ミキシング実習 II の録音実習として、
9名の学生と共に本学オーケストラ定期演奏会のライブレコーディングを10月15日(木)に愛知県芸術劇場コンサートホールで行いました。

今回の録音実習を通じて、オーケストラ収録の難しさや、デジタルリバーブでなくコンサートホール内に響き渡る自然な残響を感じることができました。

  エバーハート・ヒンツ氏の特別講義を行いました。 2009.10.12

トーンマイスターとして世界各地で高い評価を得ている、ドイツ ベルリン在住のEberhard Hinz氏 (エバーハルト・ヒンツ氏 本学特別客員教授)の特別講義を10月10日から12日の3日間にわたって、本学3号館ホールと2号館スタジオで行いました。

ヨーロッパのレコード会社、放送局、劇場などの音の世界において、絶大な信頼があるトーンマイスター(Tonmeister)。日本ではあまりなじみがない言葉ですが、このトーンマイスターは、音楽家として、技術者として、そして聴き手としてプロフェッショナルであることが要求される録音の現場において、作曲家の音楽が要求する音色を的確に捉え、演奏家がその持ち味を最大限に発揮するために何をしたらよいかをトータル的に判断する唯一の存在となっています。

今回はPf Soloの楽曲とPfとFl.のデュオ楽曲をレコーディングしました。

作曲・エンジニアリングを目指す学生にとって、とても有意義な講義となりました。

  夏期セミナーを行いました。 2009.09.15


2009年9月14日(月)〜15日(火) 山梨県 清里 清泉寮において、サウンド・メディアコース1年生を対象に夏期セミナーを行いました。
1日目は、ビクターエンタテインメント株式会社「AD GROUP」の中川竜雄氏を迎え、本コース講師である音楽プロデューサーの堀井庄一氏とともに、「音楽業界が求める人材」についての特別講義を行いました。
2日目は、学生が作曲・録音・音響の各分野ごとにわかれ、担当教員とともに、今後どのように勉強していくべきかのディスカッションを行いました。
学生にとって充実した2日間になったようでした。

  青木孝允氏の特別講義を行いました。 2009.08.27
aoki_20090827


2009年8月27日(木) 16:00-18:00 2号館中アンサンブル室において、アーティスト・青木孝允氏を特別講師として迎え、「西洋人と東洋人、両方の視点で見た日本と世界とアート」と題した特別講義を行いました。

大阪出身で、現在は、ドイツ・ベルリン在住である青木孝允氏は、コンピューター/ソフトウェア・ベースでの創作活動を中心としながら、独自の音楽表現を行い、海外・日本国内ともに高い評価を受けている気鋭のアーティスト。

30分間のライブパフォーマンスの後、「海外と日本における芸術の価値観の違いや表現方法の違いについて」、「何故コンピューターを用いてパフォーマンスを行なうのか」、「コンピューターだからこそ表現し得ることは何か」について、講義頂きました。

クリエーターを目指す学生にとって、とても有意義な講義となりました。