サウンドメディア・コンポジションコース Top
講義内容
ニュース・イベント
スタジオ
教員紹介




名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 音楽領域
サウンドメディア・コンポジションコース
エンターテインメントディレクション&アートマネジメントコース 主催

公開講座「マイクロホンワークショップ」開催のお知らせ

下記のとおり公開講座を開催することとなりました。
みなさまお誘いあわせの上、ご来場賜りますようご案内申し上げます。

 

  日 時 2020年1月9日(木曜日)15:00〜18:00
特別講師 深田晃 氏
 
深田晃 氏
幼少の頃より父親からヴァイオリン、ピアノ、ソルフェージュなどの教育を受け、 フルートを飯島豊氏(元大阪フィルハーモニー交響楽団)に師事 同じく和声学、作曲を田島亘(大阪音楽大学)に師事 。大学卒業後、株式会社ローランド、株式会社メディア(レコーディングスタジオ)を経てCBS/SONY録音部チー フエンジニア、NHK放送技術局・番組制作技術部チーフエンジニアを歴任。NHK在籍中はドラマ、ドキュメンタリーのテーマ音楽録音やN響コンサートなどでオーケストラレコーディングを主に担当。 また、番組コーディネータとして大型中継番組やウィーンフィルニューイヤーコンサートなどのサ ラウンド伝送、海外中継などにも関わる。 1997年、ニューヨークで行われたAESコンベンシ ョンでサラウンドマイキング「Fukada Tree」を発表、様々な文献で紹介されている。以降多くのサラウンド番組制 作・国際共同制作などに関り、ドイツ・カナダ・アメリカ・中国などで多数講演を行ってい る。 2011年 dream window inc. を設立し、それ以降アーティストのCD、映画のスコアリ ング録音、クラシック録音のエンジニア・ディレクターとして音楽制作を行っている。ま た、5.1ch~22.2ch、3D audioまでにいたるマルチチャンネル音響作品制作や音響空間デ ザインを行うとともに、レーベル「Tree」にてハイレゾルーション作品のリリースも行っ ている。 AES(Audio Engineering Society) Fellow IPS 英国放送音響家協会会員、JAPRS 日本音楽スタジオ協会理事。 名古屋芸術大学 非常勤講師。

内 容 レコーディング・エンジニアプロデューサーの深田晃氏を招き、マイクのワークショップを行います。録音・音響を行う上で、音の入口であるマイクロホンについて、指向性、周波数特性などの技術的なことが集音される音にどのように関係するかを解説いただきながら、今回はドラム収録におけるマイキングについてスポットを当てます。 Jazz、Pop、Rockの録音や音響において、リズムの要となるドラムのマイキングは様々な方法がありますが、実際にドラム奏者を招き、比較収録をしながら、マイクの近接効果や背面特性、マイク間の位相を考慮したマイキングについて、氏より紹介いただきながら深く学び、研究する内容を予定しています。

対 象
本学学生、一般の方先着50名 (要事前申し込み、定員に達し次受付終了)
参加費
無料
申込方法

一般の方で参加を希望されます方は 12月28日までにフォームよりお申し込みください。先着50名とさせていただきます。
場 所
名古屋芸術大学 東キャンパス 2号館 3階 大アンサンブル室
〒481-8503 北名古屋市熊之庄古井281  TEL 0568-24-0315
駐車可能台数に限りがございますので、公共交通機関のご利用をお薦めいたします。 アクセス方法
主 催   名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科
サウンドメディア・コンポジションコース
エンターテインメントディレクション&アートマネジメントコース

機材協力 DPA Microphones - ヒビノインターサウンド株式会社
お問合せ サウンドメディア・コンポジションコース soundmedia@nua.ac.jp

 

   facebookページで、コースのニュースやイベントの最新情報を更新しております。ご覧ください。

 Copyright 2019 Nagoya University of Arts. All Rights Reserved.